会社設立時には税理士がいた方がいい

|会社設立時は税理士ならではのアドバイスを受けるべき

起ち上がれ税理士!01 起ち上がれ税理士!02 起ち上がれ税理士!03

法人化するのはなかなか大変な作業

今まで個人事業として行なってきたものを法人化するのは、様々な理由や目論見があってのことでしょう。法人化して会社設立するにあたっては、実にたくさんの手続きが存在しています。
その会社設立にまつわるあれやこれやを、全部自分で行うのはとてもではありませんがなかなか骨の折れることであります。
実際のところは書類制作が多くを占めるわけですが、それにしてもなかなかの時間と手間をとられるものであります。

法人化するにあたって各種営業で忙しい場合もあるでしょう。それに、意外と知らない税のことがたくさんあったりもします。
時間的にも知識的にも、税理士に相談して、会社設立に一枚噛んでもらったほうが結果的に意味がある事のほうが多いと言えるでしょう。
なぜなら、設立時に依頼していなくてしばらくしてから依頼して、税制のことをちゃんとしらないまま余計な税金を払っていたケースなども存在するからです。

確かに税理士を雇うというのは、その分税理士費用などが発生してきますから会社設立初期の段階では負担に感じられることがあるかもしれません。
そうは言っても、税理士を雇わなかったことで後々になって損をしていたという事実に気づくよりは、最初から雇っておいて損をしないようにする体勢を整えておくほうが、現実的なのではないでしょうか。

税理士コストは確かに気になります。しかしながら、それを削るよりは、そのコストで様々な書類に追われる時間を省いたりするほうが建設的なのではないでしょうか。
会社設立時から税理士を味方につけることは、決して間違いではありません。